筋トレ初心者におすすめの書籍!「目でみる筋力トレーニングの解剖学」のまとめ




筋トレ初心者の方におすすめな本「目でみる筋力トレーニングの解剖学」の紹介です

突然ですが

筋トレを始めたはいいものの、どんなトレーニングが効果的なのか分からず適当に知っているトレーニングをだらだらとやっている

なんて状態に陥っていませんか?

それもそのはず、筋トレはとても奥が深いもので

  • どこの筋肉を鍛えるのか
  • どういう動きで鍛えられるのか
  • 正しいフォームでできているか

この3点を意識できていないと、思うように効果は出ないのです

逆に言えば、この3点をしっかり意識すれば効果は自然と出てくるはずです

 

私はもうトレーニングをして3年になりますが、この本にはとても助けられましたし、今でも初心を思い出すためによく読み返しています

  • どんなトレーニングの種類があるのかまだよく分からない
  • トレーニングはしているけど、どこに効いているのかいまいち分からない
  • 鍛えたい筋肉の名前を知らない

こんな方にはぜひおすすめしたい1冊です

ではどんな内容なのかみていきます

スポンサーリンク

図解で分かりやすく解剖学的視点を学べる

まずこれでもかというくらい全身の筋肉が紹介されています

正直これ全部は覚えるのは大変ですし、覚える必要もありません

しかし、主要な大きい筋肉の名称は覚えておきましょう

 

詳しくは後述するのですが、一般的に

  1. (前腕、上腕二頭筋、上腕三頭筋)
  2. (三角筋)
  3. (大胸筋)
  4. 背中(僧帽筋、大円筋、広背筋、脊柱起立筋)
  5. (大臀筋、大腿四頭筋、大腿二頭筋)

5部位に体を分けて見ることが多いです

メインで鍛えることが多い筋肉ということですね。上記の筋肉の名称を一通り覚えておけば困ることはありません

腹筋やカーフ(腓腹筋など)のエクササイズも載っています

 

ベンチプレスを例に見てみましょう

ベンチプレスのメインターゲットの筋肉は大胸筋、三角筋前部、上腕三頭筋の3つ
その主要な筋肉は色付き、太字で説明があり、さらにどのような動き方をするかまでしっかり図解で載っています

他にも動きのバリエーションの説明など、細かく情報が載っています

 

それぞれのエクササイズが主にどこの筋肉を鍛えるものなのかが目でみて直感的に分かるので、ぜひ色んなエクササイズを試しながら覚えていってほしいと思います

 

載っているエクササイズの種類が豊富

エクササイズは細かく分けると数えきれないほどあり、さらにいくらでもアレンジができるため、その全てを網羅できるわけではありません
一般的なジムには、この書籍に載っていない色んなマシンが置いてあります

しかし、この1冊があれば全身くまなく鍛えることができます

筋トレの王様と呼ばれるBIG3はもちろん、上級者が好むプルオーバーやアップライトロウ、さらにマシンを使ったエクササイズも

けっこうコアなエクササイズも載っています(笑)

本書の内容は

  1.  → 24種類
  2. 三角筋 → 16種類
  3. 胸 → 14種類
  4. 背中 → 17種類
  5. 脚 → 16種類
  6. お尻 → 9種類
  7. 腹筋 → 15種類

全部で110種類あります

自分は1つの部位のトレーニングは多くても3〜4種目くらいなので、十分すぎるくらい網羅できます!

エクササイズに関する重要な情報がきちんと説明されている

怪我をしやすいエクササイズに関して

ウエイトトレーニングって怪我をすることがあるんじゃ…?

という認識を持っている方もいると思います、それはその通りです
間違ったフォームだったり、自分の扱える重さ以上に重りを付けたりすると、簡単に怪我をしてしまいます

怪我がこわくてウエイトトレーニングがなかなかできないと言う方に対しても、何故怪我をするのか、どういったフォームが危ないのかが、図解でしっかり説明してあります

ウエイトトレーニングが危険なのではなく、実際はどのようにやるかが大事なので、本書を読むことで偏見が少しでもなくなればと思います

可動域の違いでの効く部位がかわる

特に肩周りのエクササイズに関することですが、サイドレイズをする際、平行以上にあげようとすると三角筋ではなく背中の僧帽筋に刺激が移行すると書いてあります

三角筋よりも、よく僧帽筋が筋肉痛になるんだよなぁ…といった方へ参考になる情報です

きちんと図解で説明してあるので初心者の方でも分かりやすいですね

まとめ

トレーニングに関しての説明が無駄なく最小限に丁寧と説明されており、初心者〜中・上級者まで評判の高い1冊です

「筋力トレーニング」に関する本なので、好きで体を鍛えたい人やかっこいい体になりたい人はもちろん、競技力向上の目的としてもとても有用な書籍だと思います

これを読んで、ぜひ正しい知識とともに楽しいトレーニングライフを!

 

ただ、何年かトレーニングを経験している方であればすでに知っている内容が多くあるので、ちょっと物足りないかもしれません

そんな方はぜひ山本義徳氏の電子書籍を読んでみてほしいです

【山本義徳】筋肥大、筋力向上のプログラミングを読んだのでまとめ

2018.03.14

かなり濃い内容になっているのでぜひ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

仕事を1年で辞めて自転車で日本一周したら人生上向きになった気がする28歳。 筋トレ、登山、旅行、ごはん食べることが好きです。