カロリーに種類があるって知ってた?




こんちは、ふみです。@fumist_oniku

 

さて、今回は知っているようで意外と知らないカロリーについてちょっとお話します。

スポンサーリンク

カロリーとは

カロリーという言葉はかなり一般的ですが、そもそもどういう意味なのでしょうか。

  1. 熱量の単位。記号cal一 気圧の下で1グラムの水の温度をセ氏1度だけ高めるのに要する熱量。1カロリーは約四・二ジュール。
  2. 食品の栄養価をあらわす単位。普通、カロリー⑴の千倍。

ということらしいです。
人間の体も活動するためにはそれだけの熱量(エネルギー)が必要ということですね。

活動で消費するエネルギー分を食事で補給するという、ふつーのことを言っています。

 

2は何を言いたいかというと、食品のカロリー表示はkcal(キロカロリー)になっています。
単位としては食品は常にkcalを使うよってことですね。
まぁ、「カロリー」でも「キロカロリー」でもどちらでも通用しますが。

ちなみに3大栄養素それぞれの1gあたりのkcalは決まっていて

  1. 炭水化物   4kcal
  2. タンパク質  4kcal
  3. 脂質          9kcal

となっています。脂質だけ2倍以上のカロリーですね。

脂ものを多く食べると太りやすいのは、単純にカロリーが多く、カロリー過多になってしまうことが多いからです。

 

代謝とは

生命維持活動に必須なエネルギーの獲得や,成長に必要な有機材料を合成するために生命内で起るすべての生化学反応の総称。-コトバンク

ちょっと難しいですね。

要は、食事をエネルギーに変換すること、筋肉や脂肪などは常に分解と合成を繰り返していることです。
だいたいこんな感じで覚えていればおkです。
そう、体の中では常に何かしらの活動をしています。

脂肪も筋肉も、1度ついたらそれが保たれてるのではなく、毎日分解(異化)と合成(同化)を繰り返しながら成長、又は減少していくんです。

 

ちなみに代謝には大きく3種類あります。

  • 基礎代謝
  • 生活活動代謝
  • DIT(食事誘発性体熱産生)

それぞれについて簡単に説明していきましょう。

基礎代謝

これはよく聞きますね。

基礎代謝とは、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのこと。-wikipedia

1日マンガを読んでだらだらと過ごしていても、基礎代謝分のカロリーは消費するということです。

ちなみにこれは代謝中の60%以上を占めます!

つまり

 

どんなに激しく運動するよりも、何もせずに1日過ごすほうがカロリーを消費する

っちゅーことですわ。これには目から鱗。

ただ勘違いしてほしくないのは、もちろん運動、トレーニングをしたほうがカロリーは消費するし、痩せるには大事な要素です。

 

生活活動代謝

これは読んで字の如く、活動することで消費されるエネルギーのことですね。

通勤時に歩いたり、階段登ったり、スポーツをしたり。

 

代謝の割合としては2〜30%を占めているので、こちらが普段から多い人はカロリーに幅を持たせやすいので、ダイエットはスムーズだと思います。

また、運動が占める割合は1日の生活に比べると大したことないので、運動よりも食事が大事になってきます。

 

DIT(食事誘導性体熱産生)

これは初めて聞く人が多いかと思います。
何となく羅列で想像はつくかもしれませんが

食事をすることによって消費されるエネルギー

です。

なぜ食事でエネルギーが消費されるかと言うと、食事をエネルギーに変換することも代謝活動のひとつだからです。

栄養を取り込んで、分解して吸収する、この一連の流れを作るためにもエネルギーが必要だということです。

 

ただ、このDITは代謝の10%ほどしか占めていないので、カツ丼食ったらDIT分は余裕でカロリーオーバーするので注意しましょう。

まとめ

  • 基礎代謝は、生きているだけで消費するカロリー
  • 生活活動代謝は、通勤、運動などで消費されるカロリー
  • DITは、食事をすることで消費されるカロリー

ということが分かったでしょうか。

これが頭に入っていると、食事管理しやすくなるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

仕事を1年で辞めて自転車で日本一周したら人生上向きになった気がする28歳。 筋トレ、登山、旅行、ごはん食べることが好きです。