サプリメントを飲んでも効果が出ない人へ、ドーズレスポンスを意識しよう




  • サプリメントを飲んでいるけど、いまいち効果があるのか分からない
  • お金もかかるし、サプリメントは少しずつしか飲んでいない

こんな方は、ドーズレスポンスを意識すると変わるかもしれません

ではドーズレスポンスとは何か?

簡単に言うと効果の出る摂取量のことです

 

大前提として、サプリメントは補助食品なので、薬とは違い元々即効性のあるものではありません

野菜を食べたからと言って、ビタミンを感じてその日のうちに元気になった!とはなりませんよね

基本的に、サプリメントはすぐに効果が出るものではないということを念頭に置いて見ていただけたらと思います

スポンサーリンク

ドーズレスポンスとは

ドーズ = 摂取量
レスポンス = 反応

ということを意味します

どれだけ摂取したかで反応が変わる」ということは理解しやすいと思います

ではどれぐらい摂取すればいいのか?

ということを理解するためにドーズレスポンスカーブというものがありますので、以下で説明していきます

ドーズレスポンスカーブ

 

この図をドーズレスポンスカーブといい、横軸は摂取量、縦軸は効果を表します

見ればわかる通り、摂取量がある程度の量に達した時点で急激に効果が現れています

 

栄養素は摂取した分に比例して効果が現れると思っている方が多いと思いますが、実は少量摂取しただけではほとんど効果が現れないというのが現実です

図の赤い点では十分な効果を発揮しているということなのですが、その地点に達する量を至適量といいます

ならサプリメントを大量に摂取すればいいのか思われますが、その至適量も個人によってかなり差があるので注意してください

 

しかし、「焼け石に水」という言葉があるように

その焼け石を冷やすことのできる量の水をかけなければ効果はないのと一緒で、栄養素もある程度の量を摂らなければ改善することはありません

至適量の見極め

じゃあ実際、どれぐらい摂取すればいいのか?と思われるでしょう

これは自分自身で見極める必要があります

その時の体調や普段の食生活によって、人によってその必要な至適量は全く違うからです

 

至適量が想像もつかないという場合は、まずは大量に摂ってみることをおすすめします

特に調子が悪い時は、栄養素が足りていないことが原因であることがほとんどなので、普段より多めに摂らなければ回復には向かいません

そしてそれをちょっと続けてみて、なんとなく調子がいいなと思ったら少しずつ減らしてみる

自分の体を使って実験してみて、だいたいの傾向を掴むことが大事です

摂取目安量という名の落とし穴

一般的に販売されているサプリメントには、摂取目安量として

1日に〇粒

と書いてあるものが多いです

しかし、上でさんざん説明した通り体調や環境によってその時に必要量は全く違いますし、人によっても全然違います

 

目安と書いてあると「その通りに摂取しなければいけないんだ」と思ってしまいがちですが、あくまで一般化された目安でしかありません

まとめ

サプリメントはちまちま摂取していても効果が出にくいということをお話してきました

今まで効果を感じないな〜と思っていた方も、ドーズレスポンスを意識することで効果が出てくるかもしれません

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

仕事を1年で辞めて自転車で日本一周したら人生上向きになった気がする28歳。 筋トレ、登山、旅行、ごはん食べることが好きです。