単身の引っ越しをしたので、時系列でやることをまとめた




エンジニア職に転職したこともあり、心機一転引っ越すことにしました

今の会社に内定をいただいたのが9月末

家賃手当が出るということだったので、その詳細書類をいただいてから家を探しに行ったのが10月10日

審査が終わって入居確定したのが22日

実家にいる父に保証人になってもらったため、そのやりとりやらで鍵をもらえたのが引っ越し当日の29日(!)

退去立会いをしたのが10月30日

そして11月1日に転職先へ

 

なかなか慌ただしく引っ越しをしました

 

単身の引っ越しをすること自体7年ぶりだったので、色々やらなければいけないことや、早めにやっておくべきだったことを色々忘れていてかなり効率の悪い引っ越しになってしまったのではと少し後悔しています

なので今後のための備忘録として時系列でまとめておくことにします

同じように単身で引っ越しを考えている方の参考になればと思います

スポンサーリンク

引っ越しの1ヶ月以上前

1ヶ月以上前でも、やることはたくさんあります

  • 新しい物件を探す
  • 現在の物件の解約届を出す
  • インターネットの引っ越し準備

についてお話します

引っ越し先の家を探す

まぁこれは言うまでもないですが、まずは引っ越し先の家を探します

自分は内定が出てから1ヶ月間の猶予がありました(逆に言えば1ヶ月しかなかったが)

現在の家はどうしてもすぐに引っ越したかったので、急遽探すことに

 

しかし、実際はもっと余裕をもって2ヶ月前くらいには引っ越し先の家は探しておいたほうがいいと思います

その理由としては

  1. 現在住んでいる物件の規約にもよりますが、解約届けを1ヶ月または2ヶ月前に出さなければいけない
  2. 契約時に何らかのトラブルが発生した場合のことを考えて、手続きは早く済ませたい

この2点を痛感しました

間違っても、現在の家の解約手続きを済ませてから家を探すということはやめましょう(自戒)

現在住んでいる家の解約届を出す

上にもありましたが、引っ越し先の家が決まったら現在の物件の不動産会社に連絡をして、解約の手続きをしてもらいます

物件の解約の条件は不動産によって違うので、契約書をしっかり見直しましょう

だいたい1ヶ月前か2ヶ月前なので、2ヶ月みておけば間違い無いと思います

インターネット(光サービス)の引っ越しをする

インターネット、契約したことのある方は記憶に残っているかもしれませんが、光サービスの引っ越し実はけっこう時間がかかります

1ヶ月くらい前には引っ越しの連絡をしておかないと、引っ越しが終わったのに取り付け工事が3週間先で、Wi-Fiが使えない…

ということになり兼ねません

 

 

さらに、auひかりを使っていたけど、引っ越し先ではNTTを使わなければいけない

ということもありえます

そんな時はこちらのような光サービスの総合サイトに頼むと、違う会社のサービスを使わなければいけない時でもその契約の対応までしてくれます

まさに自分はauひかりが使えなかった為ソフトバンク光に乗り換えたのですが、その契約もスムーズに行えた上に、引っ越しから回線工事までの間、無料でWi-Fi機器を借りることもできました

さらにauひかりを解約するにあたって違約金が発生したのですが、それのキャッシュバックも行ってくれます

これはありがたいですね

ただWi-Fi機器はソフトバンク製の物だったため、普通のソフトバンクで契約をしても借りることはできたかもしれません

 

また新規での契約や、急ぎで引っ越しをする方は↓こちら のサービスを使ってみてもいいかもしれません

とにかく光は時間がかかる場合が多いので、早めに対策しておくに越したことはありません

また、光の会社が変わった場合は、引っ越しが完了した時点で以前使っていたサービスに自分で解約の連絡を入れなければいけません

auひかりの場合は(その他は詳しく知りません)、auひかりではなく、契約プロバイダに連絡をすることになります

引っ越しの1ヶ月前から

1ヶ月を切るとやることが増えてきます

  • 引っ越し方法を決める
  • 粗大ゴミがある場合は申し込んでおく
  • 不用品は、売れるなら売る

引っ越し方法を決める

引っ越し業者に頼むなら、引っ越し会社に見積もりをお願いしましょう

複数の会社に同時に見積もりを申請できるサイトがあるので、そちらを利用するといいでしょう

引っ越し会社によって、また、時期やタイミングによっても料金は細かく変わってくるので、見積もりは必須ですね

見積もりはどこも無料でやってくれることが多いので、比較してみると良いでしょう

 

自分で引っ越すならレンタカーの手配をしておきましょう

また、友人など手伝ってくれる人に声をかけておきましょう。よっぽど荷物が少ないとかでない限り、1人ではかなり苦労することになると思います

レンタカーは基本的に安く済むことが多いですが、もちろん自分で家具を運ぶので大変なこともあります

こちらの記事にレンタカーで引っ越しをしたことを書いているのでぜひ参考にしてみてください

ハイエースをレンタカーして単身引っ越しをしたので、詳しい荷物の量などを書いてく

2018.11.04

粗大ゴミで出すものを決めて申し込んでおく

もしもいらない粗大ゴミがある場合は、市や区で回収している粗大ゴミにお願いするといいでしょう

だいたい、どこも2週間に1度程度しか回収しないので、不要なものは早めに出しておいたほうが安心です

1つあたりだいたい500円くらいで引き取ってくれるので、下手に不用品回収会社などに頼むよりは安く済むことが多いです

まずは、自分の住んでいる地区の粗大ゴミの出し方を確認しましょう

メルカリなどで不用品を売る

粗大ゴミで捨ててしまってもいいのですが、もし使えそうなものがあればメルカリやヤフオクなどで売ってしまうのも手です

捨てるのにお金がかかるばかりか、むしろお金が手に入ります

メルカリだと、クレジットカードさえ登録すればほとんどメルカリ側が管理してくれるので、非常にスムーズに、ストレスなく取引ができます(個人的感想)

ただ、値下げ交渉をやたらしてくることがあるのでそこは覚悟しておきましょう笑

引っ越しの1~2週間前

いよいよ引っ越しに向けて本格的に動き出します

  • 荷物をまとめ始める
  • 転出届
  • 転居届
  • インフラの引っ越し準備

について説明します

荷物をまとめ始める

引っ越し業者に頼んでいる場合は、業者からダンボールをまとめて購入することができるので買っておきましょう

レンタカーで引っ越しをする場合は、自分でダンボールを用意する必要があります

  • ホームセンターでまとめて購入
  • スーパーなどにもらえないか交渉する
  • 普段からダンボールを貯めておく

などで10個〜ほど確保しましょう

普段使わないものから先にダンボールに詰め始め、最後に日用品類を入れます

 

転出届

自分の住んでいる市や区役所で転出届を出す必要があります

役所は平日しか開いていないので、代理人にお願いするか、早めに予定を空けられるようにするといいと思います

 

あまり例がないとは思うのですが

引っ越しと同時期にキャッシュカード関連を申し込む場合は注意しましょう

だいたいキャッシカードを申し込んでから2週間くらいでカードが家に届くのですが、キャッシュカードの場合郵便の転送が使えません

例えば、引っ越しを1週間後控えているのにキャッシュカードを申し込んでしまうと、転送手続きをしたところで永遠に新居にカードが届きません

社会人として恥ずかしいのですが、これを知らなかったのでちょっと苦労しました

  • 引っ越しが終わって、転出届→転入届を済ませてから作る
  • かなり余裕を持って前に作る

このどちらかにしたほうがいいですね、余談でした

転居届(郵便の転送)

こちらはネットでもできる「e転居」がおすすめです

WEB上で手続きが簡単にできてしまいます

水道・ガス・電気などのインフラ系に連絡

こちらは引っ越しの数日前などで大丈夫です

例えば東京ガスや、東京電力などでしたら全てWEB上で引っ越し手続きができるので楽です

自分の使っている電気、ガス、水道を確認しましょう

ちなみに、ガスだけは引っ越しが終わったら立会いが必要なので、引っ越してすぐにガスが使えるとは限りません

近い日にちで立会いの予約をしましょう

引っ越しが終わったら

引っ越し当日については飛ばします

頑張って引っ越しをしましょう

引っ越しが終わってもやることはたくさんあります

  • 旧住所の退去立会い
  • 転入届
  • 住所変更
  • 新住居でのガス開栓、ネット回線工事

最後になりますが、以上にについて書いていきます

退去の立会い

旧住所の物件の立会いです

できるだけ綺麗にしておくと、あとあと楽です

転入届

役所でこれをしないと新しい住所の証明ができないので、早めにしておきましょう

ちなみに、引っ越しをする前に先に転出届→転入届を済ませることも可能です

登録してある住所の変更手続き

特に運転免許証を持っている人は、先に運転免許証だけでも住所変更しておきましょう

何かと身分を証明する機会は多いと思うので

免許証の住所変更のやり方についてはこちらのサイトに分かりやすくかいてあったので貼って紹介しておきます

あとはそのほか、キャッシュカードやネット常に登録してある住所なども変更しておきましょう

新住居でのガス開栓、ネット開栓工事

インフラに連絡するのところでも書きましたが、ガスは引っ越し後に立会いで開栓する必要があります

またインターネットの引っ越しをする、もしくは新規で申し込む場合も工事などが入るので、予定を空けておき、忘れないようにしましょう

まとめ

ザーッと流れを大まかに書いたのですが、引っ越しは本当にやることが多くて大変なので、とにかく余裕を持って計画をすることが大事です

特に

  • 現在住んでいる物件の解約
  • インターネットの引っ越し
  • 住所変更関連

については早めにというか、とにかく計画性を持って行うが吉です

 

今回の引っ越しを教訓として、次の引っ越しに活かしたいと思います笑

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です