プロテインを激しくおすすめする4つの理由




あなたはプロテイン、飲んでいますか?

今だに筋肉増強剤のような謎のクスリと勘違いされるプロテイン
プロテインは薬ではなく、食品です

さらにプロテインには、筋トレをしている人も、またしていない人にもとてもおすすめなサプリメントです

 

スポンサーリンク

プロテインはクスリではない

プロテインは、サプリメントです。

立派な食品です。

プロテインという言葉は一般的に広まってはいますが、まだまだ知らない人にとては怪しさが抜けきらない様子。

「筋トレをしてる」と言うと

「え、じゃあプロテインとか飲んでるの?」

と、怪奇な目で見られることがまだよくあります。

まだクスリだと思っている人、損してますよ!

プロテインは、食材からタンパク質を抽出したもの

Protein(プロテイン)とは、日本語でタンパク質です。

つまりタンパク質=プロテイン

タンパク質が身体にとって大事であることはみなさんご存知だと思います。

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ミルクプロテイン
  • ソイプロテイン
  • ビーフプロテイン

などプロテインにも種類があり、成分(吸収速度など)が違うものが分けられて売っています。

これを粉末で、水や牛乳に溶かして飲む事ができるのはとても効率がいいのです。

プロテインの4つの魅力

おいしい

主観も入りますが、とてもおいしい。
だいたいおいしくなかったら飲みませんしね。

筋トレ後にプロテインをグイッと飲むのもまた至福の一時です。

色々なメーカーから出ていますが、このご時世まずくて飲めないなんていうプロテインは逆に珍しいくらいです。

メジャーなのはチョコレートやバナナ、ストロベリーなどですが、その他色んな味があるので、それを楽しめるのもいいところです。

栄養素が優秀

これにつきますね。
プロテインは、大部分がタンパク質(タンパク質100%ではない)で構成されています。なので糖質と脂質はかなり抑えめです。
こんなに優秀な食品は近くのコンビニやスーパーで探してもなかなか見つかりません。

運動してない人がプロテインを飲むと太る。と言われることがありますが、ただのタンパク質と考えればそんなことがないことは分かりますよね。

もちろん脂質も糖質わずかに入っていますし、栄養が十分に摂取できている人がさらに飲み過ぎれば栄養過剰分で脂肪にまわされることもあります。

ですが豚肉、卵、牛乳、チーズは脂質が多いので、タンパク質を取ろうと思ってそれらを食べ過ぎるよりははるかにマシです。

プロテインは限りなく太りにくい食品だと言えます。

安い

自炊をすれば安く済むのですが、タンパク質が豊富に入った食品をコンビニなどで買おうと思うとかなり高くつきます。

メジャーなサラダチキンですらタンパク質が20gそこそこで200円ですが、プロテインならだいたい20g100円しないです

この安いという理由は、個人的に飲む要素としてはかなり大きいです。
なぜプロテインを飲むか、普通に食事で摂るよりも安いから

手軽

粉を入れて、水で溶かして飲むだけ。

簡単!!!

さらに、プロテインは肉などの食材に比べ、吸収されるのが早いため(約1時間で吸収される)、トレーニング後や食事の間が空いた空腹の時など、すぐに栄養を補給できます。

さらに、今はオシャレなブレンダーボトルがいっぱいあるので、さりげなくおしゃれを演出できます。

 

まとめ

プロテインはクスリではなく、サプリメントであり、食品です。さらに

  • うまい
  • 栄養満点
  • 安い
  • 手軽

と、とても優秀な食品で、健康美を手に入れたい、健康的に痩せたい人は、プロテインを飲まない手はありません。
これを機に、生活の一部にプロテインを取り入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

仕事を1年で辞めて自転車で日本一周したら人生上向きになった気がする28歳。 筋トレ、登山、旅行、ごはん食べることが好きです。