【都内デート】町田リス園はリスと触れ合える癒しスポット




なんと、東京都内で「リスに触れることができる」という楽園のようなところがあることを彼女に知らされます

そして、意気揚々と向かうのですが

人、人、人の嵐…

連休に行ったのですが、想像以上に人気のスポットでした

アクセスも良好な立地ではない(バス利用)と思うのですが、町田をなめていました…

 

リスにたくさん触れ合うためには、ただ適当な時間に行けばいいというわけではないので、その辺も含めて紹介したいと思います!

スポンサーリンク

リスが満腹になる前に行かないと、寄ってこなくなる

とても大事なことを最初に言っておきます

開園と同時に人がなだれ込む →
リスがすごい勢いで餌を食べる →
30分〜でお腹いっぱいになる&寝る →
開園1時間後にはリスが寄ってこない

これが、休日の町田リス園の現状です

町田リス園に行くなら、開園と同時(もしくは開園前)に行くことをおすすめします

開園10時をちょっと過ぎて到着したのですが、すでに大行列

平日であればさすがにこんなに並ぶことはないですし、ちょっと遅くても触れ合うことができると思います

なので、できれば平日に行った方がお得です!

しかし休日に行く方がほとんどかと思うので、そこは割り切って時間との勝負でリスとのふれあいを楽しみましょう!

並ぶほどの人がいたとしても、入場まではそこまで待つことはなく、割とすぐに中に入れます

大人は1人400円

町田リス園を楽しむ

では、中での様子をお届けします

リス放し飼い広場の様子

入場してすぐ目の前に「リス放し飼い広場」があります、写真右ですね

リスと触れ合える場所はこの中です

まずは餌(ひまわりの種)の購入と、素手ではあげられないので手袋を借りることになります

この看板の迫力がすごくて笑いました

リスのエサは1袋100円

そしてそのすぐ横で手袋(ミトン)を無料で借りられます

フル装備した様子

この状態で手を出せばリスが寄ってきてくれるということですね

ちなみにこちらで放し飼いにされているリスは「タイワンリス」と呼ばれる種類のリスで、リスと言われて思い描くリスとは若干異なります

ちなみに大きな屋根があり、そこでもリスが寄ってくるので雨の日でも楽しむことができそうです

しかし人が多い…

リスが満腹にならないうちに、早速餌をあげに行きましょう!

男の子が手を出すとリスが寄ってきました

毛が短くてちょっとネズミっぽいですが、それでもかわいいです

お腹がすいたリスの前に手を出すと、手に乗ってきてくれます

いや、めちゃくちゃかわいい…

人が少ない時に行けたらもっとたくさん寄ってくるんでしょうね〜

餌を握り込んでから手を差し出すと、手袋の中の餌を探そうと必死になるリスがまたかわいいです笑

広場には、日本のお城風の家や、普通の木の家など、とにかくリスの家がたくさんありました

 

10時40分頃にはもう寄ってくるリスも少なくなり、残念ながら買った餌は余ってしまうほどでした

あと人がとにかく多いので、餌あげ合戦状態

もうちょっとゆっくり楽しめればいいんですけどね、人気スポットのさだめです

リス以外にもうさぎ、モルモットに餌をあげることができる

リスは早々にお腹いっぱいになってしまい寄ってこなくなったので、次はうさぎやモルモットに餌をあげに行きましょう

こちらも100円で餌を購入できます

モルモットもかわいいですね

ただ、リスに餌をあげおわった人たちがなだれ込んでくるので、こちらも人でいっぱいでした

なので、1時間とたたないうちにリス園を出ることに…笑

町田リス園は就労支援施設でもある

ちなみに、町田リス園は障害をもった方々が働く就労支援施設でもあります

というよりは、元々そういった趣旨でオープンしたのが、超人気スポットになったというだけなのですが

町田リス園は1988年12月にOPENしました。

障がいのある子供たちに働く場を・・という親御さん達の切実な願いに町田市(当時大下勝正市長)が「これまでにない動物園の仕事を・・」と発案され伊豆大島「りす村」の全面協力のもと授産施設としてスタートしました。

現在(平成28年春)、障がい者自立支援法の就労支援B型施設(特定非営利活動法人 町田リス園)として障がい者(利用者)21名が勤務しています。
利用者の皆さんは開園前の清掃作業、放飼場入口出口ドア開閉(リスの逃亡予防の為重要)、チケット切り、リスえさの袋作り、エサ計量、エサ詰め、モルモット/リスえさ販売、動物用かご洗い/かごリセットや外作業等々の仕事をしています。

町田リス園公式サイトより引用

ということです

リス園に遊びに行くということが障害者支援にも間接的に繋がるとも思うので、ぜひ足を運んでほしいですね

ちなみにお土産コーナーも充実しており、かわいいリスの人形からおやつなども買うことができます

町田リス園へのアクセス

住所 東京都町田市金井町733-1
開園時間 平日・日・祝 10:00〜16:00
休園日 火曜日
入園料 子供 200円
大人 400円
  • 車でのアクセス

専用駐車場はないのですが、隣接する薬師池公園の駐車場にお車を停めることができるようです

  • 電車・バスでのアクセス

小田急町田駅北口(第一踏み切り50m先)21番バス乗り場
「本町田経由野津田車庫行(55系統)」または「鶴川駅行(53系統)」で約20分「薬師池」下車。

バス停が町田駅から若干離れているので分かりにくいかもしれません

バス停の地図も貼っておきます

詳しく知りたい方は公式サイト

まとめ

町田リス園は、アクセスがあまり良くない上に近隣にも公園しかないため、旅行としては若干の物足りなさを感じるかもしれません

しかし、東京でこんなに気軽にリスに触れ合える場所はここ以外にないので、ぜひかわいいリスに癒されにリス園へ足を運んでみてください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です