DTM初心者がBOSS GT-1を購入、GarageBandで録音してみた




こんにちは、ふみです。

タイトルにある通り、この記事ではGT-1とGarabeBandを使って録音する方法を書いていきます。

学生時代は軽音サークルに入り浸り、それなりにギターは弾けるようになったのですが
バンドを組んでCDを作ったり、DTMで曲を作ったりということは一切しませんでした

いや、挑戦しようとしたことはもちろんあって
オーディオインターフェース、アンプシミュレーター、DAWソフトなどを揃えいざやってみようとしたのですが、当時は機械に弱かったこともあり、幾度となく挫折

いつかまたやれればいいやーぐらいに思っていたのですが、、

最近BOSS GT-1の存在を知り、幸いMacのGarageBandという無料DAWソフトもあるし、DTMデビューのチャンスでは!?

と思い即購入。
無事に約10年越しにDTMデビューを果たしました。

スポンサーリンク

BOSS GT-1 開封の儀

早速Amazonでポチりました。

え、めっちゃかっこいい…。

今回、セットになっているものを購入しました。

内容としては、写真にも写っていますが

  • GT-1本体
  • BOSS ACアダプタ
  • シールド(1.5m)
  • スリーブケース
  • BOSS GT-1の教科書

めちゃくちゃ豪華な内容です。

しかもキャッシュレスキャンペーンで5%OFF購入ポイント8%実質13%オフみたいな感じで
本体は15000円くらいで買えたということになるんじゃないでしょうか。

さらにおまけの電池までしっかり入っていたので、電源がなくてもすぐに始められますね。(電源がない家ってあるか?)

とりあえず電源に差してシールドをつないでみました。

このライトがかっこいいですよね。もうこれだけで買って良かったと思います。

GT-1はPCにUSB接続することができるので、これだけでインターフェースの役割も果たします。素晴らしいですね。

それでは、早速PCに繋いでみます。

GarageBandで音を出すまで

BOSSドライバーのインストール

PCを通して音を出すためにまず必要なことは、BOSSのドライバーをインストールすること。

BOSSのHPでダウンロードしましょう。
(↑はmac用ドライバのURLになってます。)

ダウンロードできたら、それをインストールしましょう。特に難しいことはなく、YESを押し続けたらインストール完了します。

インストールが完了したらGT-1をパソコンに繋ぎます。

ここで注意、GT-1にはUSBケーブルは同梱されていません。なので、USBケーブルだけは別で購入する必要ありです。

Amazonで安いものでも買っておきましょう。

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥370 (2020/11/30 15:43:04時点 Amazon調べ-詳細)

GarageBandの設定

次にGarageBand側の設定を行います。

こちらも特に難しいことはありません。

 

メニューから「環境設定

次に「オーディオ/MIDI」タブ

BOSSドライバーが正しくインストールされていて、GT-1がPCに接続されていれば

上の「デバイス」セレクトボタンに、GT-1が出現します。

ここの入力デバイスをGT-1にすることで、GT-1にギターを繋いだらGarageBandを通して音が出るようになります。

あとは録音ボタンを押したら、録音ができます。本当に簡単でした!

安いUSBを使用してますが、特に音の遅れなども気になりません。

 

ちなみに、ここではGarageBandの使用方法については詳しくは触れませんが

GT-1のほうで何かしらプリアンプを設定し、音作りをしている場合
GarageBand側のアンプ設定は、クリーンで音作りを邪魔しないような物を選んでおくといいと思います。

追記:何か音に違和感というか、ギラギラする印象を受けたので何かおかしいと思ってましたが、GT-1で音作りが済んでいる場合、GarageBand側ではギターアンプ設定はしないほうがいいです。

画像左から2番目の、マイクまたはライン入力を選択してトラックを作りましょう。

そうすればGT-1の音作りを極力邪魔しないで録音ができるはずです。

ギター録音してみました

大学を卒業して以来、ちゃんと練習するということがほぼなかったので学生時代にコピーした曲を録音してみました。

いわゆる弾いてみたってやつですね。

ちなみに音作りは、全てプリセット(初期のもの)を使用
自分で1から音作りをしなくてもそれなりに使える音がたくさんありました。

椿屋四重奏/恋わずらい

 

これは普通に音源を流し、その上にギターを録音するというシンプルかつ簡単な弾いてみたの手法。

 

rega/sunship

 

これは今回、人生で初めてドラムの打ち込みに挑戦しました。

さらにベースは、ギターで代用するという荒技。なので音がおかしい。

しかしそれでも、全て自分で演奏して録音するという達成感はすごいですね。めちゃくちゃ楽しいです。

まとめ

BOSS GT-1、本当に買って良かったです。

何せ

  • 安い!
  • プリセットで使える音がたくさんある!
  • パソコンで音を出すまでが簡単!

という感じで本当に満足しています。

GT-1の教科書もあるし、徐々に音作りも楽しんでいけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です